過失割合に納得がいかない時は判例を調べ証拠の用意を!場合によっては裁判も

交通事故の被害者になってしまった場合でも、事故の責任が100%加害者側にあるというケースは極めて稀です。

ほとんどのケースでは被害者側にも何割かの責任があると判断され、この責任の割合は過失割合と呼ばれています。

関連記事過失割合と過失相殺とは?その決め方と保険会社の役割

過失割合と過失相殺とは?その決め方と保険会社の役割
交通事故の慰謝料を算定する際に非常に重要になるのが過失割合です。 示談交渉や裁判時に弁護士を雇って裁判所基準(弁護士基準)の慰...

過失割合が重要なのは、この割合によって受け取れる慰謝料の金額が大きく変わってくるからです。

通常、過失割合の決定は被害者側・加害者側双方の保険会社の話し合いによって決められますが、必ずしも納得できる割合になるとは限りません。

今回は、過失割合に納得がいかない場合の対応の仕方について詳しくまとめました。

スポンサードリンク

過失割合の算出に納得がいかないなら、まずは過去の事例を詳しく調べる

過失割合の算出は、基本的に警察の調書と過去の事例を比較することによって決められますが、最終的な算出は保険会社同士の話し合いによってなされるため、交渉次第で変化することもあります。

提示された割合に納得がいかないと感じたら、まずは自分で同じようなケースについて過去の判例を調べて、提示された過失割合が妥当かそうでないのかの判断をしましょう。

この時点で「やはり納得がいかない!」と感じたら、自分に有利になるような具体的な判例を挙げて、保険会社に申し立てをしてみてください。

過去の判例集は書籍でも発売されています。


交通事故判例百選〔第5版〕 [ 新美 育文 ]

法律事務所の無料相談や無料診断も利用できる

判例集を読んでも自分の事故に似たケースを発見できなかったり、探すのが面倒という場合は、弁護士事務所の無料相談や慰謝料の無料診断サービスを利用するのが早いです。

過失割合だけでなく、本来受け取れる慰謝料の額を弁護士基準に基づいて無料で診断してくれるサービスを行っている法律事務所もあります。

関連記事交通事故の示談交渉を弁護士に依頼するメリット・費用・選び方

交通事故の示談交渉を弁護士に依頼するメリット・費用・選び方
交通事故の示談交渉や示談交渉が決裂した場合の訴訟を、誰にも頼らずに被害者個人で行うことは可能です。 しかし、示談交渉の相手は加...

過失割合の修正を求める時には証拠の提示が必要になることが多い

過失割合の修正を求める場合には、できるだけはっきりとした証拠と共に申し出る必要があります。

なぜなら、被害者側が「相手が明らかにスピードオーバーしていた」と感じていても、加害者側が「速度を守っていた」と主張すれば、証拠がない場合はその主張が通ってしまうからです。

とはいえ、なかなか相手の主張を覆すような証拠を手に入れるのは難しいですよね。

もしも、事故が起きたときに写真を撮る、相手の主張を録音しておくといった対処をしていた場合は、それらを有効活用してください。

また、主要交差点には監視カメラが付いていることも多いです。ダメもとで警察に確認をお願いすることも試してみる価値はあるかと思います。

関連記事過失割合の基準となる判例とは?警察と裁判所の果たす役割は?

過失割合の基準となる判例とは?警察と裁判所の果たす役割は?
過失割合は通常、加害者と被害者の保険会社同士が話し合うことで決まります。 ⇒過失割合と過失相殺とは?その決め方と保険会社の役割...

過失割合に納得がいかなかったら裁判を起こすこともできる

警察は民事不介入という原則がありますので、保険金の支払いが関係することになる過失割合の決定に関しては、資料を提示するのみでコメントを出したりはしません。

ですので、まずは任意保険会社同士が話し合って過失割合を決め、納得がいかない場合は交渉を差し戻してもらうように依頼します。

そして、そこでも解決しない場合には、裁判を起こして納得のいく割合の決定を求めることできます。

裁判で勝てるかどうかは過去の判例を調べることで見当がつく

過失割合についての裁判は過去に数多く行われているので、ほとんどのケースで判例が出ています。

自分の事故のケースと似た判例が過去にあり、そこでの過失割合が保険会社が提示している割合と異なるのであれば、裁判でも勝てる可能性が高いです。

一方で、提示された割合がすでに判例に沿ったものであれば、裁判をしても勝てる見込みがかなり低くなりますので、過失割合に関しては提示された割合に沿った形で示談交渉に進んだ方が賢明です。

スポンサードリンク

過失割合の裁判は弁護士に依頼する方が良いのか?

交通事故の過失割合をめぐっての裁判は、実際の事故の詳細を挙げながら、過去の判例などを参考に決めていくという流れになります。

そのため、判例をよく知った上で、細かい点にまで注目しながら交渉を進めていく力が求められます。

ですので素人で裁判を進めるのは難しく、法律のプロに依頼するのが最善です。

交通事故の紛争に関しては、ある程度司法書士などが行える業務はあるのですが、裁判を起こすとなると弁護士に依頼する必要があります。

交通事故案件が得意な法律事務所を選ぶこと!

ただし、弁護士と一口に言っても、それぞれ専門分野や得意分野があります。

法律事務所や弁護士を選ぶ際に大切なのは、交通事故案件の取り扱いが豊富で、このジャンルを得意としている法律事務所や弁護士を探す必要があるということです。

弁護士と契約すれば、過失割合についてだけでなく慰謝料の算定基準についても交渉をしてくれるため、ほとんどのケースで相談前よりも勝ち取れる慰謝料の額がアップします。

こちらの記事では最初の相談を無料で行ってくれる弁護士や法律事務所をまとめていますので、費用のことやどのくらいの割合で勝てそうかなどまずは無料で相談してみてはいかがでしょうか。

関連記事交通事故の示談交渉を弁護士に依頼するメリット・費用・選び方

交通事故の示談交渉を弁護士に依頼するメリット・費用・選び方
交通事故の示談交渉や示談交渉が決裂した場合の訴訟を、誰にも頼らずに被害者個人で行うことは可能です。 しかし、示談交渉の相手は加...

まとめ

  • 保険会社が算定した過失割合に納得がいかないなら、まずは過去の判例を徹底的に調べる
  • 判例を調べるのが難しい場合は弁護士事務所の無料相談で聞いてしまうと早い
  • 主張する際は証拠を添える
  • 差し戻しをしても割合が変わらない場合は裁判を起こすことも可能
  • 裁判に勝てるかどうかは、過去の判例を調べることである程度の予測がつく

まずは保険会社が決めた過失割合の根拠をしっかりと聞き、納得できるかどうかを見極めましょう。

納得できない場合も感情論で反論するのではなく、判例や証拠といった客観的なデータで反証していく必要があります。

それだけ過失割合というのは受け取れる示談金の額を左右する大切なものなので、必要に応じて弁護士の協力を得て、きちんと納得したうえで示談交渉を進めてください。

【交通事故の慰謝料を最大に受け取る示談交渉と治療の受け方】

関連記事交通事故の慰謝料は示談交渉と治療の受け方次第で大きく変わる

交通事故の慰謝料は示談交渉と治療の受け方次第で大きく変わる
交通事故の被害者になってしまうと、色々な面で大きな負担がかかりますよね。 仕事に行けなかったり、辛い後...

【示談交渉を弁護士に依頼しないと、確実に損をしてしまう理由とは?】

関連記事交通事故の示談交渉を弁護士に依頼するメリット・費用・選び方

交通事故の示談交渉を弁護士に依頼するメリット・費用・選び方
交通事故の示談交渉や示談交渉が決裂した場合の訴訟を、誰にも頼らずに被害者個人で行うことは可能です。 しかし、示談交渉の相手は加...

CHEK! 交通事故治療に強い全国の整骨院・接骨院

北海道・東北 北海道 岩手 山形 宮城 福島

関東 茨城 栃木 群馬 埼玉 東京 神奈川 千葉

北陸・甲信越 山梨 長野 新潟 石川

東海 愛知 岐阜 三重 静岡

近畿 大阪 京都 兵庫 奈良 和歌山

中国・四国 岡山 広島 山口 香川 徳島 愛媛

九州・沖縄 福岡 佐賀 大分 宮崎 鹿児島

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加