交通事故の慰謝料はどこから支払われるのか?自賠責?保険会社?加害者本人?

交通事故の損害賠償として支払われる慰謝料は、どこが財源となり、誰が支払うものなのでしょうか?

一般的には加害者側の保険会社が「全額」支払っているという認識をされることが多いのですが、実はこれは正しくありません。

また、場合によっては加害者自らが慰謝料を支払うケースもあります。

今回は、支払われる慰謝料の財源という切り口から自賠責保険・任意保険を整理してみました。

スポンサードリンク

交通事故の慰謝料はまず自賠責保険から支払われる

まず、交通事故の慰謝料の支払いは、ほとんどのケースで保険から行われることになります。

ここでいう保険は、

  • 国から加入が義務付けられている自賠責保険
  • 任意で加入する任意保険

の2つに分かれます。

自賠責保険の存在意義

一般的に交通事故の慰謝料というのは高額になる傾向があるため、仮に保険が存在しない場合、加害者側の金銭的負担額は非常に大きくなります。

そして、もしも加害者に支払い能力がない場合に一番困ってしまうのが、受け取れるはずの賠償金を受け取ることが出来ない被害者です。

こういった状況を防ぐため、つまり被害者救済という視点から自賠責保険制度が設立され、自動車を運転する際に必ず自賠責保険に加入しなければならないという決まりが、国の制度として存在しています。

ですので、交通事故に伴う慰謝料の支払いには、まず自賠責保険から一定額の支払いがなされることになります。

任意保険会社の存在意義

しかし、ここで覚えておきたいのは、自賠責保険は交通事故被害者の治療費など必要な費用を補償するとともに、「最低限の慰謝料」をもって被害者救済を行うという考えに基づいているということです。

つまり、加害者の支払い負担を軽くする目的で作られているものでは無いのです。

ですから当然、被害者側は自賠責保険で補償される額以上の慰謝料を、加害者側に請求する権利があります。

そして、被害者が本来受け取れるべき慰謝料の額と自賠責保険がカバーしている額の差額を埋める役割を果たすのが、任意保険会社なのです。

ですので、任意保険会社は交通事故の被害者救済のためではなく、加害者の支払い負担を無くすために存在していると言えますね。

自賠責基準の賠償額で納得しないこと!

加害者の支払い負担を肩代わりするのが任意保険会社の役割ですが、保険会社も営利企業です。支払いが少なければ少ないほど会社の利益は増えます。

慰謝料の総額と自賠責保険から支払われる額の差額が小さければ小さいほど、加害者側の支払いを肩代わりする保険会社は嬉しいわけです。

保険会社からの慰謝料の提示額が少なくなりがちなのには、こういった背景があるんです。

スポンサードリンク

自賠責を超えた分の慰謝料は保険会社が支払う

自賠責保険には支払いの限度額というものがあって、それを超えての補償はできないことになっています。

その金額は、傷害の場合では120万円

この額を超えると、自賠責保険からの支払いはストップしてしまいます。

本来であればそれを超えた額の慰謝料は保険会社から支払われるのですが、ひどいケースだと自賠責保険だけで慰謝料の支払いをしようとする保険会社も存在します。自賠責保険だけで支払いが済めば、自社の懐を全く傷めずに済むからです。

利益を上げなければならない企業としては自然の考えなのですが、精神的な苦痛を被った交通事故被害者としては、納得がいくものではありませんよね。

もしも自賠責基準とあまり変わらない額で慰謝料を提示されたら、その額で収めるのではなく、しっかりと慰謝料を支払ってもらえるように示談交渉をする必要があります。

任意保険基準は会社によって異なる

多くの良心的な保険会社からは、自賠責基準の額にいくらかの金額が上乗せされた額の慰謝料が被害者に支払われます。

ただし、この上乗せ分の算定基準は、各保険会社によって変わります

ほとんどの場合は自賠責基準の慰謝料金額よりも多くの額が提示されますが、その金額がご自身の慰謝料額として適当な額とは限りません。

ほとんどのケースは、自賠責基準よりも多い額だけれども裁判所基準(弁護士基準)よりも少ない額を提示されますので、最終的にどのあたりに妥協点を置くかがポイントになってくるでしょう。

そのあたりの妥当な額やその額を獲得するための交渉事が厄介と感じるのであれば、やはり弁護士と契約してしまうのが一番楽で、かつ最終的に手元にお金が残る方法だと思います。

中には、交通事故の慰謝料を加害者個人で支払うケースも

まれなケースではありますが、保険会社に頼らずに加害者が個人で慰謝料を支払う場合もあります。

考えられるのは、任意保険が無保険となっていて必要な慰謝料をカバーできないというケースです。

こういったケースの場合、加害者側に支払い能力がない場合が多いため、交渉は難しくなります。いくらこちらに正当な権利があっても、相手側に支払い能力がないと慰謝料を受け取ることが出来ないからです。

最低限の補償として自賠責保険から慰謝料を受け取ることは出来ますが。。。

いつ自分が加害者側になってしまうかも分かりませんので、任意保険にはしっかりと加入しておきましょう。

また、別のケースで、任意保険に加入はしているけど加害者本人が慰謝料を支払うというパターンもあります。

任意保険から支払いをしてもらうと将来の保険料が上がってしまうため、自腹を切った方がいいと考えるケースですね。

これは、慰謝料が少額の場合にある話です。

まとめ

  • 自賠責保険は最低限の被害者救済のための保険
  • 任意保険は加害者の支払い負担を無くすための保険
  • 実際の慰謝料はまず自賠責分が支払われ、不足分を任意保険会社補う
  • 任意保険の支払額の算定方法は会社によって異なる
  • まれに、加害者個人が慰謝料を支払うケースもある
自賠責保険と任意保険の存在意義を理解することで、金額の違いや保険会社の立場なども分かりやすくなります。

そのうえで、被害者として正当な慰謝料額をしっかりと請求していきましょう。

【交通事故の慰謝料を最大に受け取る示談交渉と治療の受け方】

関連記事交通事故の慰謝料は示談交渉と治療の受け方次第で大きく変わる

交通事故の慰謝料は示談交渉と治療の受け方次第で大きく変わる
交通事故の被害者になってしまうと、色々な面で大きな負担がかかりますよね。 仕事に行けなかったり、辛い後...

【示談交渉を弁護士に依頼しないと、確実に損をしてしまう理由とは?】

関連記事交通事故の示談交渉を弁護士に依頼するメリット・費用・選び方

交通事故の示談交渉を弁護士に依頼するメリット・費用・選び方
交通事故の示談交渉や示談交渉が決裂した場合の訴訟を、誰にも頼らずに被害者個人で行うことは可能です。 しかし、示談交渉の相手は加...

CHEK! 交通事故治療に強い全国の整骨院・接骨院

北海道・東北 北海道 岩手 山形 宮城 福島

関東 茨城 栃木 群馬 埼玉 東京 神奈川 千葉

北陸・甲信越 山梨 長野 新潟 石川

東海 愛知 岐阜 三重 静岡

近畿 大阪 京都 兵庫 奈良 和歌山

中国・四国 岡山 広島 山口 香川 徳島 愛媛

九州・沖縄 福岡 佐賀 大分 宮崎 鹿児島

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加