過失割合と過失相殺とは?その決め方と保険会社の役割

過失割合を過失相殺とは?その決め方と保険会社の役割

交通事故の慰謝料を算定する際に非常に重要になるのが過失割合です。

示談交渉や裁判時に弁護士を雇って裁判所基準(弁護士基準)の慰謝料を獲得できたとしても、過失割合次第で受け取れる金額は大きく異なります

納得のいく過失割合を制定してもらうためにも、まずはきちんとした理解をしておきましょう。

スポンサードリンク

過失割合と過失相殺

過失割合とは?

過失割合とは、交通事故の責任がどれほど加害者・被害者各自にあるかを示すものとなります。100対0であれば、100パーセント加害者に非があることになりますし、80対20であれば加害者側が8割・被害者側が2割ということになります。

この割合に応じて受け取れる慰謝料の金額も変わってきます。それが、過失相殺という考え方です。

過失相殺とは?

過失相殺とは、この80対20のように、相手が支払うべき慰謝料が過失割合の変動によって相殺されることを意味します。

例えば、慰謝料が100万円だとして、100対0で加害者に全責任があれば、こちらは100万円すべてを受け取ることができますが、80対20の過失割合となると、80%に相当する80万円しか受け取れないことになります。

過失相殺されてしまう(減額されてしまう)額は過失割合によって決まりますので、受け取れる慰謝料の額を考えた際の過失割合の重要性が理解できると思います。

では、この重要な過失割合は、どのように決定されるのでしょうか?

過失割合を決めるのは保険会社同士の話し合い

過失割合を決めるのは警察だと思っている人が意外と多いのですが、実は保険会社が決定しています。過失割合は結局のところ、保険金の支払いに用いられるものですので、警察が介入するものではなく、民事上の数字として保険会社が決めているのです。(警察の民事不介入)

基本的には、事故の後加害者の任意保険会社と被害者側の任意保険会社が話し合って決めることになります。つまり、最初から何か明確な判決のような司法上の決定がなされるということではなく、あくまで会社同士の交渉によって決められるため、交渉次第でこの割合が変わることがあるということです。

また、この割合の決定に納得がいないのであれば、保険会社に話し合いをやり直してもらって納得がいく割合になるように交渉してもらうことも可能ですし、弁護士を雇って交渉してもらうことも可能です。場合によっては裁判で争うこともできます。

後々もらうことになる慰謝料の金額にかかわる重要な数字ですので、しっかりと納得できるような決定に持っていくことが重要です。

スポンサードリンク

過失割合の決め方と基準

過失割合を決めるのは、被害者と加害者の保険会社なのですが、保険会社の担当者が直接事故現場に行って、実況見分をすることはあまりありません。もちろん、大きな事故や訴訟になるなど複雑になるケースでは、現場のチェックをすることはありますが、たいていのケースは警察から情報提供を受けて判断されています。

事故証明書に記載されている内容や、事故当事者の証言、警察が確認した情報を見た上で決定がなされています。警察は過失割合そのものを決定するわけではありませんが、このような形での情報の提供は行います。

その情報を得たうえで保険会社同士が交渉するわけですが、最終的な過失割合はお互いの交渉力や会社間に存在する力関係なども影響します。逆に言うと、交渉次第でこの割合を変化させることもできる可能性がありますので、提示された過失割合に納得がいかない場合はしっかりと主張をすることが大切です。

まとめ

  • 過失割合とは、交通事故に対する加害者被害者双方の責任の割合のこと
  • 過失割合に応じて慰謝料の額が相殺されることを過失相殺という
  • 過失割合は、加害者被害者双方の保険会社の話し合いで決められる
  • 保険会社が決めた過失割合に納得できない場合は合意をせず、再度の話し合いを求めたり弁護士を雇って交渉してもらうことも可能

過失割合について合意に至らない時は、場合によっては裁判にまで発展することもあります。逆に言うと、それだけ慰謝料の受取額に関わってくる項目ということです。

関連記事過失割合に納得がいかない時は判例を調べ証拠の用意を!場合によっては裁判も

過失割合に納得がいかない時は判例を調べ証拠の用意を!場合によっては裁判も
交通事故の被害者になってしまった場合でも、事故の責任が100%加害者側にあるというケースは極めて稀です。 ほとんどのケースでは...

しっかりと納得をしたうえで、合意するようにして下さい。

【交通事故の慰謝料を最大に受け取る示談交渉と治療の受け方】

関連記事交通事故の慰謝料は示談交渉と治療の受け方次第で大きく変わる

交通事故の慰謝料は示談交渉と治療の受け方次第で大きく変わる
交通事故の被害者になってしまうと、色々な面で大きな負担がかかりますよね。 仕事に行けなかったり、辛い後...

【示談交渉を弁護士に依頼しないと、確実に損をしてしまう理由とは?】

関連記事交通事故の示談交渉を弁護士に依頼するメリット・費用・選び方

交通事故の示談交渉を弁護士に依頼するメリット・費用・選び方
交通事故の示談交渉や示談交渉が決裂した場合の訴訟を、誰にも頼らずに被害者個人で行うことは可能です。 しかし、示談交渉の相手は加...

CHEK! 交通事故治療に強い全国の整骨院・接骨院

北海道・東北 北海道 岩手 山形 宮城 福島

関東 茨城 栃木 群馬 埼玉 東京 神奈川 千葉

北陸・甲信越 山梨 長野 新潟 石川

東海 愛知 岐阜 三重 静岡

近畿 大阪 京都 兵庫 奈良 和歌山

中国・四国 岡山 広島 山口 香川 徳島 愛媛

九州・沖縄 福岡 佐賀 大分 宮崎 鹿児島

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加