交通事故の裁判基準は判例重視!和解・判決後の保険会社との関係は?

交通事故の裁判基準は判例重視!和解・判決後の保険会社との関係は?

示談交渉がまとまらずに裁判という選択をする場合、裁判所がどんな基準で慰謝料の和解案の提示や判決を下すのかという点は非常に気になるポイントだと思います。

実際に裁判を起こした方がいいのかどうかという判断基準にもなりますので、事前に裁判所の慰謝料基準についての理解を深めておきましょう。

スポンサードリンク

交通事故における裁判では判例が重視される

交通事故に関する訴訟経験が豊かな弁護士に相談すると、ある程度裁判の結果を予想してくれます。なぜならば、交通事故の裁判はしっかりとした判例がありますので、その判例に基づいて結果を予想することができるからです。

裁判官も和解案を提示したり、判決を下したりするときには、過去に下された判例をかなりの程度踏襲することになりますので、どのくらい慰謝料をもらえるかを含めて、結果が見えやすいということになります。

そのことを保険会社も認識しているので、できるだけ簡単に裁判に持ち込まれないようにもしますし、裁判になった場合も保険会社としての言い分をはっきりと伝えて、裁判をすんなりとは終わらせないようにします。

もし保険会社の提示してきた慰謝料にどうしても納得できないのであれば、直接弁護士に相談して、自分のケースだと裁判を起こせばどのくらいの慰謝料になるかと尋ねてみるの一番確実です。交通事故の案件を専門に扱っている弁護士事務所の場合、初回の相談は無料という所が多いので、いくつかの弁護士事務所に話を聞いてみましょう。

関連記事交通事故の示談交渉を弁護士に依頼するメリット・費用・選び方

交通事故の示談交渉を弁護士に依頼するメリット・費用・選び方
交通事故の示談交渉や示談交渉が決裂した場合の訴訟を、誰にも頼らずに被害者個人で行うことは可能です。 しかし、示談交渉の相手は加...

その上で、裁判を起こすだけの価値があるかどうかを考えてみると良いかと思います。

裁判ではどんな基準が基になって慰謝料が算定されるのか?

裁判では過去の判例が根拠として用いられることが多い傾向にあります。そして、その判例に基づいて慰謝料の基準を作っているのが、一般に裁判所基準(弁護士基準)と呼ばれるものです。

そのため、自分の交通事故のケースでは、最大でどのくらいの慰謝料がもらえるのか知りたいのであれば、この裁判所基準(弁護士基準)をチェックするのが一番です。

関連記事交通事故の慰謝料の計算方法!入院通院・後遺症・死亡の場合

交通事故の慰謝料の計算方法!入院通院・後遺症・死亡の場合
交通事故の被害者が請求できる損害賠償の内訳は、大きく分けて の3種類です。 このうち、 積極損害とは交通事...

もちろん、実際に裁判を起こしたからといって、必ずそこに明示されている金額がもらえるとは限りません。また、慰謝料をアップすることができたとしても、弁護士に払う費用もありますので、実際に手元に残るお金は減ることになります。(ご自身の保険に弁護士特約が付いている場合はそちらで弁護士費用はまかなえるので、基本的には増額分が全て手元に残ります)

そのことも計算したうえで、裁判をするかどうかを検討するのが良いかと思います。当然のことながら、最低限の補償しかもらえない自賠責保険の基準よりはずっと高くなりますので、ほとんどのケースで裁判をすることによって得られる利益は大きくなります。

スポンサードリンク

裁判で下される判決と保険会社との関係

和解案での決着がつかず判決を待つことになった場合、その判決が最終決定となり、加害者側の保険会社も被害者もそれ以上の主張はできないことになります。

裁判所が判決を出した場合、その金額の慰謝料を保険会社は支払わなければなりません。一方で、被害者も、判決が自分にとってあまり納得のいかないものだったとしても、もう保険会社に交渉のやり直しを求めたり、別の補償内容を請求したりはできなくなります。

そのため、裁判の流れの中で弁護士としっかりと話し合い、ちょうどよい着地点を見つけることが大事です。あまり、自分の希望に固執するのではなく、より高い慰謝料をもらえるポイントを探ることが重要となります。

まとめ

  • 交通事故の裁判における基準は過去の判例
  • 裁判所基準(弁護士基準)の慰謝料は自賠責基準と比べて大きく増額する
  • 自分のケースで実際にどれくらい増額の見込みがあるかは弁護士に相談するのが一番
  • 和解の成立や判決後は、被害者も保険会社もそれ以降の異議申し立てはできない

裁判を起こした場合は過去の判例に基づいて和解案が提示されたり判決が下されるわけですから、保険会社としても出来る限り裁判は起こされたくないと考えています。

だったら最初から裁判所基準(弁護士基準)で慰謝料を提示してほしいところですが、やはりそのあたりは被害者側の無知に付け込んでいる部分はあると思います。

しっかりと知識を持って示談交渉を行い、話がまとまらない場合は裁判ということも頭に入れておくのが得策です。また、示談交渉の段階から弁護士を雇い、交渉を弁護士に任せることで、裁判を起こすまでもなく裁判所基準(弁護士基準)での慰謝料が支払われる可能性もかなり高まります。

【交通事故の慰謝料を最大に受け取る示談交渉と治療の受け方】

関連記事交通事故の慰謝料は示談交渉と治療の受け方次第で大きく変わる

交通事故の慰謝料は示談交渉と治療の受け方次第で大きく変わる
交通事故の被害者になってしまうと、色々な面で大きな負担がかかりますよね。 仕事に行けなかったり、辛い後...

【示談交渉を弁護士に依頼しないと、確実に損をしてしまう理由とは?】

関連記事交通事故の示談交渉を弁護士に依頼するメリット・費用・選び方

交通事故の示談交渉を弁護士に依頼するメリット・費用・選び方
交通事故の示談交渉や示談交渉が決裂した場合の訴訟を、誰にも頼らずに被害者個人で行うことは可能です。 しかし、示談交渉の相手は加...

CHEK! 交通事故治療に強い全国の整骨院・接骨院

北海道・東北 北海道 岩手 山形 宮城 福島

関東 茨城 栃木 群馬 埼玉 東京 神奈川 千葉

北陸・甲信越 山梨 長野 新潟 石川

東海 愛知 岐阜 三重 静岡

近畿 大阪 京都 兵庫 奈良 和歌山

中国・四国 岡山 広島 山口 香川 徳島 愛媛

九州・沖縄 福岡 佐賀 大分 宮崎 鹿児島

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加