交通事故慰謝料の請求方法と時期、受け取りの方法について

交通事故慰謝料の請求方法と時期、受け取りの方法について

交通事故に遭って間もない時期では、どのくらいの後遺症が出るのか、通院や入院期間がどのくらいまでかかるのかなどが分からないため、すぐには慰謝料の算出を正確に行うことができません

そのため、一般的には数週間から1か月以上経ってから(けがの程度によります)、本格的に慰謝料についての話し合いが進められることになります。

今回は、交通事故の慰謝料はいつ、どのように請求し、最終的に受け取るのかといった、一連の流れについて掘り下げていきたいと思います。

スポンサードリンク

交通事故慰謝料の請求と金額の提示はどのようになされるのか?

まず、交通事故の慰謝料の請求についてですが、これは被害者であるこちらからするというよりも、加害者側の保険会社からの連絡を待つのが一般的です。

とは言っても、ただ待っているだけではその連絡は来ません。治療を終えたタイミングで、あなたの方から相手側の保険会社にその旨を連絡する必要があります。

そうすることで保険会社はあなたが治療を受けた病院や整骨院・接骨院に連絡を入れ、治療内容の確認をし、それに基づいて慰謝料の計算をすることが可能になります。

そしてその計算に基づき、「これだけの慰謝料を支払います」という金額を提示した示談提案書という書類が送られてくるわけです。

この示談提案書にはいわゆる精神的な慰謝料(入通院慰謝料および後遺障害慰謝料)だけでなく、入院費などの実費に加えて仕事に行けなかった分の休業損害補償料などを全て含めたうえで過失割合を計算した、全体の賠償支払額が提示されています。

この金額で全てを手打ちにする場合は、交通事故による被害の賠償は全て解決したとみなされます。

逆に、ここで提示されている金額が低いと感じる場合には、提示書の内容では低すぎるということを申し立てて、金額アップの交渉をすることが可能です。

慰謝料の交渉と請求の時期は最終的にどのくらいになるのか?

このように、早ければ交通事故の後数週間で保険会社から慰謝料の提示がなされますが、なかなかすんなりとは決まらない場合が多いです。

そのため、時には話し合いが長くなることもあります。それぞれのケースで異なりますが、おおむね3か月から半年くらいかかることもあります。

最初の1か月は病院に通って治療費を算出しますが、その後後遺症についての認定や、その程度に応じた慰謝料の金額の決定には時間がかかり、月単位で時間を必要とすることも珍しくありません。

保険会社としては、できるだけ早く解決したいと思っていて、長期化を望みません。

しかし、慰謝料の決定に納得がいかないのであれば、保険会社の都合に合わせる必要はありませんので、満足できる結果がもらえるまで話し合いを続けることができます。

ただし、それまでは慰謝料の支払いがありませんので、長期化すると受け取りもそれだけ延びてしまうということだけは注意しておきましょう。

スポンサードリンク

慰謝料の金額決定と受け取りの方法

最終的な慰謝料の金額は、保険会社との示談交渉の中で決定されます。

保険会社は金額の提示を書類で送付してきますが、こちらとしては特に書類を提示する必要はありません。相手が送ってくる書類の内容に納得できないのであれば、電話で受け入れられない旨を伝えて、もし納得できるのであれば、その内容で解決とします、と伝えれば十分でしょう。

そして、示談交渉を経て、しっかりと双方納得できた段階で、契約書と同じように提示された金額で解決するという書類(示談書)を作成して終わります

その後、慰謝料を含む保険金が支払われることになりますが、こちらで銀行口座を指定して、そこに振り込んでもらうというのが一般的です。

まとめ

  • 交通事故の慰謝料はこちらから請求するのではなく、加害者側の保険会社から示談提案書が送られてくるのを待つ
  • 示談提案書を送ってもらうためには、治療の終了を相手側の保険会社に連絡する必要がある
  • 示談提案書に記載されている慰謝料額に納得がいかない場合は交渉が可能
  • 双方納得が出来たら示談書を作成し、銀行口座を指定すればOK

一連の流れを事前にしっかり理解しておけば。慌てずに済みます。

今回は交通事故治療を終えてから示談書作成までの流れに絞って取り上げましたが、交通事故に遭ってから訴訟までを視野に入れた一連の流れについては、こちらの記事でまとめています。

関連記事交通事故の慰謝料を受け取る流れと手順、必要書類、必要な期間

交通事故の慰謝料を受け取る流れと手順、必要書類、必要な期間
交通事故に巻き込まれてしまった場合、この後どのような流れで加害者側と連絡を取り合い、治療費などの実費、仕事ができなくなってしまったこ...

流れをしっかりと理解して、最終的にご自身が納得できる金額を勝ち取れるように示談交渉を進めていきましょう。

【交通事故の慰謝料を最大に受け取る示談交渉と治療の受け方】

関連記事交通事故の慰謝料は示談交渉と治療の受け方次第で大きく変わる

交通事故の慰謝料は示談交渉と治療の受け方次第で大きく変わる
交通事故の被害者になってしまうと、色々な面で大きな負担がかかりますよね。 仕事に行けなかったり、辛い後...

【示談交渉を弁護士に依頼しないと、確実に損をしてしまう理由とは?】

関連記事交通事故の示談交渉を弁護士に依頼するメリット・費用・選び方

交通事故の示談交渉を弁護士に依頼するメリット・費用・選び方
交通事故の示談交渉や示談交渉が決裂した場合の訴訟を、誰にも頼らずに被害者個人で行うことは可能です。 しかし、示談交渉の相手は加...

CHEK! 交通事故治療に強い全国の整骨院・接骨院

北海道・東北 北海道 岩手 山形 宮城 福島

関東 茨城 栃木 群馬 埼玉 東京 神奈川 千葉

北陸・甲信越 山梨 長野 新潟 石川

東海 愛知 岐阜 三重 静岡

近畿 大阪 京都 兵庫 奈良 和歌山

中国・四国 岡山 広島 山口 香川 徳島 愛媛

九州・沖縄 福岡 佐賀 大分 宮崎 鹿児島

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加