過失割合の事例③玉突き事故・交差点・速度超過のケース

過失割合の事例③玉突き事故・交差点・速度超過のケース

今回の過失割合の事例は、玉突き事故交差点での事故速度超過です。

複雑な状況で起こった交通事故の場合は過失割合を算出するのは難しくなりますが、判例によってある程度基準がはっきりしているものもあります。

ご自身の事故の参考にしていただければ幸いです。

スポンサードリンク

玉突き事故の場合の過失割合の見方

玉突き事故の過失割合においては、一番最初に追突した自動車に一番大きな責任が課せられるという原則があります。たとえ前の車が急ブレーキを踏んだとしても、追突を防ぐために十分な車間距離を取っていれば事故は回避できたとみなされるからです。

その原則を踏まえると、例えば3台の玉突きであれば、始めに追突した車が70%で、その後にぶつけた車が30%ということが多くなります。

しかし、完全に停まっていた車の後ろから追突して、その衝撃で前の車にぶつけてしまったというケースであれば、この割合は変化します。追突されることによって前の車にぶつかってしまったのですから、大幅に過失割合が減ることになります。もし、ハザードランプを付けていて警告を発していたのであれば、こちらの過失はゼロとなることが多いでしょう。

このように、玉突き事故はある程度はっきりとした基準がありますので、もし保険会社から示された過失割合について疑問や不満があるのであれば、いろいろな実際のケースを調べてみると良いでしょう。

そして、自分のケースに当てはまる事例でいくらの過失割合が出ているのかを参考にしてみてください。

交差点での事故の過失割合はどのように算出されるのか?

交通事故の中でも割合件数が多く、過失割合を決めるのが難しくなるのが交差点内で起きた事故です。

信号無視でない限りは、お互い気をつけて交差点に進入している事が多いですし、法律違反をしていないこともほとんどです。そのため、その時の状況が詳しく調べられます。右折した車に直進車がぶつかったのか、無理な車線変更はなかったか、スピードは落としていたかなどです。

ですので、交差点での事故における過失割合を決めるのは、事故が起きた直後の警察による調書作成にかかっていると言っても過言ではありません。

パニック状態になったり、申し訳ない気持ちで自分に不利になるような意見を認めてしまったり、相手の過失について気づいた点を言わなかったりすると、こちらに不利な調書が作られることになります。

保険会社もこの調査を基にして過失割合を決めますので、調書作成時に弱気になり、納得がいかないのに自分に不利な点を認めることがないように気を付けましょう。

スポンサードリンク

速度超過は過失割合に影響を及ぼすのか?

多くの事故では、加害者側に100 パーセントの過失があると認められることは少なく、90対10や80体10などの割合が設定されることが多いです。しかし、相手がスピード超過しているということを証明できれば、この割合を100%相手の過失と認めてもらえることもあります。

ケースによって異なりますが、だいたい時速15キロ以上の速度超過で過失が高いと判断され、過失割合に影響する可能性が高くなります。程度としては、およそ10%程度過失が重くなることが多いです。

ここでの問題は、その速度超過をいかに証明するかということ。警察がその証拠を持っていれば良いのですが、なかなかはっきりとした証拠を持っていることは少ないものです。

はっきりとした証拠がない場合は、本人の自白を採用することになっていますので、相手がスピードオーバーしていないと言えば訴えの立証は難しくなります。

もし現場に相手の車のブレーキ痕がある場合は、それがスピードを証明するものになる可能性がありますので、保険会社にはしっかりと伝えましょう。

まとめ

  • 玉突き事故の場合は車間距離を取っていなかったとみなされ、最初にぶつけた車の過失割合が高くなる
  • 交差点での事故は状況が複雑なので、警察の作成した調書が参考にされることが多い
  • 速度超過も過失割合を高める要因で、目安は15キロオーバーで10%

今回の事例に限りませんが、保険会社同士が決めた過失割合に対して再調査を依頼する場合は、こちら側で証拠を用意する必要があります。

どんなものが証拠になり得るのかが分からないという場合は、ご自分の保険会社や弁護士などに相談してみましょう。

【交通事故の慰謝料を最大に受け取る示談交渉と治療の受け方】

関連記事交通事故の慰謝料は示談交渉と治療の受け方次第で大きく変わる

交通事故の慰謝料は示談交渉と治療の受け方次第で大きく変わる
交通事故の被害者になってしまうと、色々な面で大きな負担がかかりますよね。 仕事に行けなかったり、辛い後...

【示談交渉を弁護士に依頼しないと、確実に損をしてしまう理由とは?】

関連記事交通事故の示談交渉を弁護士に依頼するメリット・費用・選び方

交通事故の示談交渉を弁護士に依頼するメリット・費用・選び方
交通事故の示談交渉や示談交渉が決裂した場合の訴訟を、誰にも頼らずに被害者個人で行うことは可能です。 しかし、示談交渉の相手は加...

CHEK! 交通事故治療に強い全国の整骨院・接骨院

北海道・東北 北海道 岩手 山形 宮城 福島

関東 茨城 栃木 群馬 埼玉 東京 神奈川 千葉

北陸・甲信越 山梨 長野 新潟 石川

東海 愛知 岐阜 三重 静岡

近畿 大阪 京都 兵庫 奈良 和歌山

中国・四国 岡山 広島 山口 香川 徳島 愛媛

九州・沖縄 福岡 佐賀 大分 宮崎 鹿児島

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加