交通事故裁判の手順と保険会社との関係、期間について

交通事故裁判の手順と保険会社との関係、期間について

保険会社が提示してきた慰謝料の金額などに納得できず、示談交渉を進めても話がまとまらなかった時は、弁護士を雇って裁判をすることもあります。

ただ、私たち一般人にとっては裁判がどのように進められていくかなど分かりませんので、訴訟を起こすと何かと面倒になるのではないかと二の足を踏んでしまいますよね。

事前に裁判の進め方やその間の相手側の保険会社との関係、裁判期間といった基本情報を知っておくことで、いざという時も慌てずに済みます。

スポンサードリンク

裁判の手順はどのようになっているか?

まず、保険会社との交渉内容をまとめた上で、こちら側が雇った弁護士が訴えを起こします。

その後、訴状が裁判所から保険会社に送られ、いずれかの時点で訴訟の争点を整理するための書類を双方が裁判所に提出します。こうした書類はすべて弁護士が作成しますので、被害者本人としてはある程度情報を提供するだけで十分です。

その後、裁判官の立会いのもと、こちら側の弁護士と相手側の保険会社が集まり、互いが準備した書類に基づいてお互いの主張を協議します。この際も、出廷するのは弁護士になりますので、被害者自身は裁判所に出向く必要はありません。

月に1度くらいのペースで協議を重ね、論点や証拠といった情報が整理できたタイミングで、裁判所から双方へ和解案が提示されます。この和解案を被害者側も加害者側も納得して受け入れることができるのであれば、そこで解決ということで終了します。しかし、どちらかでもその案に納得できないのであれば、裁判所が判決を下すということになります。

裁判の間の保険会社との関係はどうなる?

裁判期間中の相手側の保険会社との関係

裁判をしている間は、全ての交渉や手続きは弁護士に依頼することになります。そのため、相手側の保険会社とはコンタクトを取る必要はなくなります。

むしろ、裁判を有利に進めるために、保険会社とは接触を持たないように弁護士から指摘されることが多いでしょう。

裁判期間中のこちら側の保険会社との関係

ただし、こちら側の保険会社とは、保険金の調整という作業もありますので、裁判の進捗状況を話し合うためにその都度何らかの連絡を取った方がよいです。

特に、和解案が提示された時などは、被害者としてその案を受け入れるかどうか、保険会社の意見としてはどうなのかなど、しっかりと話し合うことになります。もちろん、面倒な手続きは必要ありませんし、しっかりとしたコミュニケーションを取っていることはとても大事だと思います。

スポンサードリンク

裁判にかかる期間はどのくらいになる?

具体的な期間は個別のケースによって異なりますが、基本的には慰謝料の決定に関わる裁判を起越した場合、ある程度長い時間がかかるとみた方がよいです。というのも、弁護士が訴えを起こしてから保険会社が訴状を受け取り、お互いの言い分を主張するのに少なくても数週間はかかりますし、和解案の提示やその決定にもさらに時間がかかります。

もし和解案を受け入れるとしたら、おおよそ3か月くらいが目安になります。一方で、判決を待つことになると、半年から1年近くかかることもありますので、腰を据えて裁判を行っていく必要があります。

時間がかかってしまうというのは一つのデメリットですが、裁判所基準が適用されて、しっかりと納得のいく慰謝料をもらえる可能性が高くなりますので、時間というデメリットを差し引いたとしても訴訟を起こす価値は十分にあると言えます。

まとめ

  • 弁護士を雇ってしまえば、訴訟を起こす作業も出廷しての協議も全て弁護士が行ってくれる
  • 裁判期間中は相手側の保険会社と連絡を取る必要はない
  • こちら側の保険会社とは連絡を取り合っておいた方がよい
  • 裁判期間は、和解案受け入れの場合は3か月、判決を待つ場合は半年~1年を一つの目安とする

裁判と聞くと敷居が高く感じますが、納得のいく慰謝料を勝ち取るための最後の手段であり正当な権利です。

基本的に弁護士にすべて任せることが可能ですので普段の生活に支障はありませんし、デメリットは時間的な問題と弁護士費用だけというのが私の見解です。ちなみに、弁護士費用はご自身の保険に弁護士特約が付いていればそちらで賄えます。

どうしても裁判は起こしたくないという場合は、示談交渉の段階から弁護士を雇い、裁判所基準での交渉を任せてしまうのが得策です。

【交通事故の慰謝料を最大に受け取る示談交渉と治療の受け方】

関連記事交通事故の慰謝料は示談交渉と治療の受け方次第で大きく変わる

交通事故の慰謝料は示談交渉と治療の受け方次第で大きく変わる
交通事故の被害者になってしまうと、色々な面で大きな負担がかかりますよね。 仕事に行けなかったり、辛い後...

【示談交渉を弁護士に依頼しないと、確実に損をしてしまう理由とは?】

関連記事交通事故の示談交渉を弁護士に依頼するメリット・費用・選び方

交通事故の示談交渉を弁護士に依頼するメリット・費用・選び方
交通事故の示談交渉や示談交渉が決裂した場合の訴訟を、誰にも頼らずに被害者個人で行うことは可能です。 しかし、示談交渉の相手は加...

CHEK! 交通事故治療に強い全国の整骨院・接骨院

北海道・東北 北海道 岩手 山形 宮城 福島

関東 茨城 栃木 群馬 埼玉 東京 神奈川 千葉

北陸・甲信越 山梨 長野 新潟 石川

東海 愛知 岐阜 三重 静岡

近畿 大阪 京都 兵庫 奈良 和歌山

中国・四国 岡山 広島 山口 香川 徳島 愛媛

九州・沖縄 福岡 佐賀 大分 宮崎 鹿児島

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加