示談交渉がまとまらない場合は裁判を!和解と判決の違いを理解

示談交渉がまとまらない場合は裁判を!和解と判決の違いを理解

交通事故の解決は、基本的に加害者側の任意保険会社と被害者が話し合って行うものです。通常の流れでは、保険会社同士で過失割合を決め、慰謝料の額を加害者側の保険会社が算定したうえで、示談提案書が送付されてきます。

その提案書に記載されている金額で納得できるのであれば良いのですが、保険会社も保険金の支払いを極力抑えるために、少ない額の慰謝料を提示してきます。その額ではなかなか納得できない場合は保険会社にその旨を伝えて、交渉を続けることになります。

ただし、示談交渉の段階である程度の慰謝料の増額は提示してくるでしょうが、個人でその交渉を行う場合、それほど大きな増額は見込めない場合も多いです。

そこまでくると頭をよぎるのは、「裁判」「訴訟」という言葉ではないでしょうか。今回は、交通事故の慰謝料をめぐる裁判について掘り下げていきたいと思います。

スポンサードリンク

示談交渉の慰謝料に納得できない場合は裁判を起こすことも可能

示談交渉を行っても、相手側の提示金額とこちらの要求金額に差がある場合は、慰謝料をアップしてもらえるように裁判所に訴えることができます。

もちろん、裁判手続きは法的知識があまりない素人には難しいので、弁護士を雇って手続きと交渉を依頼するのがベストです。

煩雑な手続きも、裁判所における話し合いもすべて弁護士が行ってくれますので、依頼人としてはとても楽になりますし、高額な慰謝料基準である裁判所基準(弁護士基準)を適用するように骨折ってくれますので、最初の示談提案書で示された額よりも大幅な慰謝料アップを期待することができます。

裁判所から和解案が提示されることになる

裁判所に訴えを提出すると、こちら側の弁護士と相手側の保険会社が裁判官立会いの下で話合いをすることになります。そこでこちら側の主張が通ればよいのですが、基本的には保険会社も主張を曲げない可能性が高いです。

そこで、裁判所がお互いの提案を聞いたうえで、過去の判決などもある程度考慮して、和解案を双方に提示します。この和解案は、過去の判例を基にしていますので、保険会社が提示する金額よりも高くなりますが、保険会社の言い分も考慮に入れて、裁判所基準よりも少し低めの金額となる傾向が強いように思えます。

この和解案に納得できるのであれば、それを受け入れて解決とすることができます。

スポンサードリンク

最終的な決定が出される裁判所の判決

もし、裁判所から提示された和解案に納得できないのであれば、判決を待つことになります。もしくは、こちらが納得できているのに対して、保険会社側が納得できない場合でも、判決が下されることになります。

この判決は過去の判例がかなり強く前面に出ますが、いろいろな事故の様子が考慮されることになりますので、完全にこちらの希望額が通るというわけではありません。場合によっては、和解案よりも不利なものになる可能性もあります。

そのため、和解案が提示された時には、弁護士に「もし和解に応じず判決となった場合、どのような金額となるか」の推測を聞き、和解を受け入れるか判決を待つかの判断をするの賢明です。

もちろん、判決は出るまでは分からないものですので、ある種の賭けとなってしまいます。この辺りの感覚的な部分をしっかりと相談するためにも、弁護士を選ぶ際は交通事故の取り扱いに長けた弁護士を選ぶ必要があります。

まとめ

  • 示談交渉がまとまらない場合は裁判を起こすことが可能
  • まずは裁判所から和解案が提示される
  • 和解案に被害者側・加害者側双方が納得した場合はその時点で解決となる
  • 被害者側・加害者側のいずれかが和解案に納得しない場合は裁判所の判決を待つ
  • 和解を受け入れた方がいいのか、判決まで持ち込んだ方がいいのかは経験豊富な弁護士と相談の上決定するべき

裁判とは言っても、弁護士を雇った場合は面倒な手続きや出廷は全て行ってもらえます。そのため、被害者側は裁判中も普段通りの生活を送ることが可能です。

全てを任せ、和解を受け入れるべきか判決を待つべきかといった点に関しても相談に乗ってもらう必要があるわけですから、弁護士選びは非常に重要になってきます。

【交通事故の慰謝料を最大に受け取る示談交渉と治療の受け方】

関連記事交通事故の慰謝料は示談交渉と治療の受け方次第で大きく変わる

交通事故の慰謝料は示談交渉と治療の受け方次第で大きく変わる
交通事故の被害者になってしまうと、色々な面で大きな負担がかかりますよね。 仕事に行けなかったり、辛い後...

【示談交渉を弁護士に依頼しないと、確実に損をしてしまう理由とは?】

関連記事交通事故の示談交渉を弁護士に依頼するメリット・費用・選び方

交通事故の示談交渉を弁護士に依頼するメリット・費用・選び方
交通事故の示談交渉や示談交渉が決裂した場合の訴訟を、誰にも頼らずに被害者個人で行うことは可能です。 しかし、示談交渉の相手は加...

CHEK! 交通事故治療に強い全国の整骨院・接骨院

北海道・東北 北海道 岩手 山形 宮城 福島

関東 茨城 栃木 群馬 埼玉 東京 神奈川 千葉

北陸・甲信越 山梨 長野 新潟 石川

東海 愛知 岐阜 三重 静岡

近畿 大阪 京都 兵庫 奈良 和歌山

中国・四国 岡山 広島 山口 香川 徳島 愛媛

九州・沖縄 福岡 佐賀 大分 宮崎 鹿児島

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加