交通事故の慰謝料に治療費用、入院費用、通院費用は含まれる?

交通事故の慰謝料に治療費用、入院費用、通院費用は含まれる?

交通事故の被害者になった際は、加害者や加害者の加入する保険会社から支払われる金額の内訳をしっかりと理解しておく必要があります。

加害者サイドから被害者サイドに支払われる金額は、大きなくくりでは損害賠償の金額です。何となく、支払われるお金はすべて慰謝料といったイメージを持ちがちですが、慰謝料はあくまで損害賠償の一部であることを理解しておきましょう。

治療にかかる費用は慰謝料とは別の扱いになりますので、整理しておくことが肝心です。

スポンサードリンク

交通事故の慰謝料と治療費用の実費は別に支払われることになる

慰謝料の概念は、交通事故によって味わった心理的な苦痛を補償するというものです。そのため、手術や医薬品にかかった費用などの治療費用は別に支払われることになります。

治療費用に関しては、実費の支払いとなりますので、いくら治療にかかったかを診療明細書などによって明らかにする必要があります。

交通事故で病院にかかった場合は、健康保険を適用するかなどで迷うこともあるかもしれませんが、病院には医事課という、治療費用や保険に関する相談に乗ってくれる部署がありますので、尋ねてみると良いでしょう。基本としては健康保険を適用せず、実費をすべて相手方に負担してもらうということになります。

加害者が任意保険に未加入の場合は注意が必要

加害者が任意保険に加入しているのであれば、治療費が高額になっても保険会社からの補償がしっかりとなされると思いますが、厄介なのは無保険で運転していた場合です。

任意保険に加入していないとしても自賠責保険がありますので、まったく補償がなされないというわけではありません。しかし、自賠責保険の場合は傷害の限度額は120万円となっていて、それ以上は保険からの支払いがなされないのです。

その場合、足りない分を請求することはできますが、その金額は任意保険に加入していない加害者が自腹で支払うことになります。また、交渉も相手側の保険会社ではなく(加入していないので)、加害者本人と行うことになります。

自賠責保険が賄う額を超える治療費がかかってしまった場合も請求自体は可能ですが、相手に支払い能力があるのか、きちんと支払いがなされるのかという点に関しては、ある意味運が左右する領域です。

相手側に支払い能力がなく、高額な治療費を請求しても支払いが期待できない場合は、治療を健康保険適用に切り替えるなどの工夫を行い、治療費をなるべく圧縮するといった対応も必要になってくるかもしれません。

もし、相手が無保険だと分かったら、すぐに治療費がいくらくらいになるかを病院側に確認することをおすすめします。

スポンサードリンク

交通事故の入院費用を請求する際の注意点と入院した場合の慰謝料

治療費と同じように、入院に関する費用も実費で保険会社から補償がなされます。

この際に覚えておきたいのが、入院中の雑費も請求できるということです。入院期間中というのはいろいろ細かな費用が掛かるものです。細かな備品などは小さな額のものですが、入院期間が長くなると馬鹿になりません。そのため、こうした雑費についてもしっかりと明細を残しておき、請求できるようにしておきましょう。

というのも、こちらから請求しないと、雑費に関しては保険会社は入院費用実費の中に含めずに済ませてしまうことがあるからです。

さらに、入院していた場合は、病院に支払う実費の他に、入院日数に応じて慰謝料が支払われます。どの基準が適用されるかによってこの額がかなり変わってきますので、しっかりと慰謝料の詳細をチェックするようにしましょう。

交通事故治療の通院に対する慰謝料は計算が複雑

入院が終わった後にも通院する必要があれば、その場合も通院にかかった実費と慰謝料が支払われます。

通院に関する慰謝料の計算は少し複雑で、保険会社によって方法が異なります。というのも、完治まで何か月かかったのかという治療期間と、実際に病院に通った通院日数と両方を見なくてはならないからです。また、入院時と同様、自賠責基準・任意保険基準・裁判所基準のどの基準を採用するかで支払われる金額は大きく異なります。

いずれの基準に対しても言えることは、単純にたくさん通院すればその分たくさん慰謝料がもらえるというわけではないということです。例えば、たいていの保険会社では1か月のうち20日以上の通院は認めないなどの基準を設けています。(あくまで保険会社の基準なので争うことは可能ですが)

あまりに通院の頻度が高い場合は入院した方がいいのではないかと判断されますし、逆に通院日数が少なすぎると完治したとみなされ治療の打ち切りを打診されたりします。あくまで通院時の慰謝料を最大にもらうためと割り切った場合の理想的な通院頻度は、月に15回~20回程度が目安になります。

まとめ

  • 慰謝料は交通事故の損害賠償の一部で、他にも項目がある
  • 治療費用は実費が支払われる
  • 加害者が任意保険未加入の場合は支払い能力次第で健康保険の適用を検討した方がよい
  • 入院費用も実費も実費が支払われるが雑費についても明細は残しておくべし
  • 通院費用に関しても実費は支払われる
  • 入院・通院に関しては、実費の他に慰謝料が支払われる

交通事故の損害賠償として支払われる項目には、今回触れた以外にも休業補償などが存在します。それぞれ慰謝料とは別の項目になりますので、各項目をしっかりと理解しておくことが重要です。

【交通事故の慰謝料を最大に受け取る示談交渉と治療の受け方】

関連記事交通事故の慰謝料は示談交渉と治療の受け方次第で大きく変わる

交通事故の慰謝料は示談交渉と治療の受け方次第で大きく変わる
交通事故の被害者になってしまうと、色々な面で大きな負担がかかりますよね。 仕事に行けなかったり、辛い後...

【示談交渉を弁護士に依頼しないと、確実に損をしてしまう理由とは?】

関連記事交通事故の示談交渉を弁護士に依頼するメリット・費用・選び方

交通事故の示談交渉を弁護士に依頼するメリット・費用・選び方
交通事故の示談交渉や示談交渉が決裂した場合の訴訟を、誰にも頼らずに被害者個人で行うことは可能です。 しかし、示談交渉の相手は加...

CHEK! 交通事故治療に強い全国の整骨院・接骨院

北海道・東北 北海道 岩手 山形 宮城 福島

関東 茨城 栃木 群馬 埼玉 東京 神奈川 千葉

北陸・甲信越 山梨 長野 新潟 石川

東海 愛知 岐阜 三重 静岡

近畿 大阪 京都 兵庫 奈良 和歌山

中国・四国 岡山 広島 山口 香川 徳島 愛媛

九州・沖縄 福岡 佐賀 大分 宮崎 鹿児島

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加