物損と人身事故で慰謝料や処理の仕方・流れの違いを比較

物損と人身事故で慰謝料や処理の仕方の違いを比較

交通事故において、大きく2つのカテゴリーに分けるとしたら、物損事故人身事故とに分けられます。

物損事故とは、自動車が壊れる、ぶつかった家の塀がくずれる、積んでいた積み荷が壊れるなど、物が破損したものの、ぶつけられた側の体には何の被害も出ないタイプの事故を指します。

対して人身事故とは、事故によって骨折や打撲、内臓障害やむち打ちといった健康被害を被った場合の事故のことです。

今回は、両者の違いを慰謝料や処理の仕方の違いといった観点から比較してみました。

スポンサードリンク

物損の交通事故の場合はどのように処理される?

物損事故の場合、人にダメージが出ていない分、事故の処理はとてもシンプルに進んでいきます。警察も物損事故だけの場合、ドライバーに大きな法律違反が見られないのであれば、強い罰則を科すことはありません。後の処理は、保険会社と当事者だけで行ってくれという姿勢を示します。

被害者側の救済処置に関してはどうでしょう?

物損事故の被害者となった場合、当然のことながら自動車の修理費用や、ぶつけられたことによって壊れた物品などの補償を受けることができます。

しかし、この場合は実費ということになり、プラスアルファのお金はもらえません。基本的には、物損事故では慰謝料は出ないのです。

というのも、慰謝料は心理的な苦痛を補償するためのものという概念ですので、身体に何の傷害もないのであれば、補償の対象とみなされないからです。

そのため、むち打ちやめまいなど、何らかの症状を感じているのにも関わらず、遠慮して相手側に大丈夫だと伝えてしまうと、治療費も慰謝料ももらえないことになり、しっかりとした補償を受けることができません。

何らかの異常を感じるのであれば、そのことをはっきりと伝え、人身事故扱いにしてもらうことが肝心です。

スポンサードリンク

人身の交通事故となるとどのように処理される?流れは?

事故によって骨折したなどの怪我に加えて、事故に遭ってから数日たってから体の調子が悪くなってきたという場合には、すぐに病院に行って診察してもらうようにしましょう。

そして、そのことをまず警察に伝えるようにしましょう。

原則としては事故が起きてから7日~10日以内に警察に伝える必要があります。物損から人身事故への切り替え時も同様です。そうしないと、人身事故として受け付けてもらえなくなってしまう可能性も出てくるからです。

※厳密に言うと、人身事故への切り替えに期限などはないのですが、時間が経てば経つほど警察による現場検証が困難となり、受け付けてもらえなく可能性も出てきます。体に異常を感じたら、可能な限り速やかに切り替えの手続きをするようにしましょう。

人身事故として認定された後は、自分の保険会社にも伝えるようにしましょう。

人身事故となると、警察も処理の仕方を変えてきますし、保険会社も治療費の補償や慰謝料の支払いなどのために準備を始めます。

事故の後、ある程度治療が落ち着いて来たら、治療費の詳細を保険会社に伝えるとともに、何日間通院したか、どれだけ仕事を休まざるを得なかったかなどを報告します。

それに基づいて、相手方の保険会社から補償内容の全体を記した示談提案書というものが送られてきます。そこに記載されている金額が慰謝料のすべてとなります。

もし、その金額に満足がいくようであれば、その提案を受け入れて解決とすることができますが、この提案を受け入れて慰謝料を受け取ると、後から慰謝料の増額を求めても無効となりますので、きちんと納得できるものなのかどうか考えて決定するようにしましょう。

ほとんどの場合は、最初に出される示談提案書の金額は、低めに設定されている(自賠責基準の場合が多いです)ということを覚えておいてください。

個人もしくは弁護士を雇っての示談交渉をすることで、任意保険基準・裁判所基準の慰謝料を請求することが可能になります。

まとめ

  • 物損の場合、被害者となっても慰謝料は出ない(物品保障の実費のみ)
  • 最初は物損で処理をしていても体に何らかの異常が出たら人身事故扱いにしてもらうこと
  • 人身事故の場合は、病院に行き事故から7日以内に警察に届ける
  • その後、事故に合った旨を自分の保険会社にも伝える
  • 相手側の保険会社から示談提案書が送られてくる(賠償額は最低の自賠責基準であることがほとんど)
  • 示談提案書の額に納得がいかなければ示談交渉を行う

最初は物損で処理をしていても、後から体の異常を感じることはよくあります。その場合は速やかに病院に行き、警察に連絡を入れて人身事故扱いにしてもらうことが重要です。

人身事故扱いになった後は、相手側の保険会社の言いなりにならないよう、慰謝料額がどんな基準に基づいて提案されているのかをしっかりと吟味しましょう。

【交通事故の慰謝料を最大に受け取る示談交渉と治療の受け方】

関連記事交通事故の慰謝料は示談交渉と治療の受け方次第で大きく変わる

交通事故の慰謝料は示談交渉と治療の受け方次第で大きく変わる
交通事故の被害者になってしまうと、色々な面で大きな負担がかかりますよね。 仕事に行けなかったり、辛い後...

【示談交渉を弁護士に依頼しないと、確実に損をしてしまう理由とは?】

関連記事交通事故の示談交渉を弁護士に依頼するメリット・費用・選び方

交通事故の示談交渉を弁護士に依頼するメリット・費用・選び方
交通事故の示談交渉や示談交渉が決裂した場合の訴訟を、誰にも頼らずに被害者個人で行うことは可能です。 しかし、示談交渉の相手は加...

CHEK! 交通事故治療に強い全国の整骨院・接骨院

北海道・東北 北海道 岩手 山形 宮城 福島

関東 茨城 栃木 群馬 埼玉 東京 神奈川 千葉

北陸・甲信越 山梨 長野 新潟 石川

東海 愛知 岐阜 三重 静岡

近畿 大阪 京都 兵庫 奈良 和歌山

中国・四国 岡山 広島 山口 香川 徳島 愛媛

九州・沖縄 福岡 佐賀 大分 宮崎 鹿児島

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加