交通事故の際に警察と保険会社がすること。事故証明書とは?

交通事故の際に警察と保険会社がすること。事故証明書とは?
交通事故が起こると、当然ですが警察がやってきて事故処理をします。警察が事故を事故として処理することで、初めて「交通事故」が成立し、その後の保険会社との示談交渉へとつながっていくわけです。

今回は、交通事故における警察と保険会社の役割の違いという点に焦点を当て、掘り下げていきたいと思います。

スポンサードリンク

交通事故の際に警察が行うことと行わないこと

交通事故があった場合、まず連絡すべきなのは警察です。

警察は、事故現場の状況を把握したうえで、加害者と被害者それぞれの主張を聞き、正確に事故の原因を究明するようにします。当然、その間に事故現場の処理を行い、他の人に迷惑がかからないようにも作業を進めてくれます。

このように、警察は交通事故の原因をはっきりさせるということを行いますが、そこでは主になんらかの法律違反がなかったかどうかを確認することがメインとなります。

具体的には、どちらかが一時停止などの標識を無視していなかったか、信号は赤だったのか青だったのかなどをチェックするのです。そして、優先道路を走っていたのはどちらだったのかなど、事故の責任がどちらにあるのかをある程度示すことをします。

警察は交通事故の過失割合についてはノータッチ

しかし、警察は両者の責任がどのくらいの割合であるのかなど、詳細については決定することはありません

交通事故の慰謝料がいくらもらえることになるのかという点に関して重要な、過失割合については警察はタッチせず、あくまで事故当時起こった事実のみを残すという業務に徹しています。

もちろん、どちらかに信号無視などの法律違反があったのであれば、その点に関する罰則を違反者に課すなどの行政処置は取ります。

交通事故の慰謝料に関しては保険会社が大きな役割を果たす

どちらにどれだけの責任があるかを示す過失割合の決定は、保険会社が行います

一般的には、加害者側の任意保険会社と被害者側の保険会社が話し合って、どのような割合になるかが決定されます。

この決定はあくまでも保険会社同士の話し合いによってなされるものですので、動かせない決定事項ではなく、被害者もしくは加害者がその決定に不服があるのであれば、交渉をやり直してもらうことができます。

それで、自分には全く過失がないと思えるのに、提示ではこちらにも責任があるとされているなど、提示された過失割合に納得がいかないのであれば、この決定を差し戻してもらうように申請しましょう。

この過失割合によって、もらえる慰謝料の額が変わりますので、中途半端に妥協しないようにすることが大切です。

スポンサードリンク

交通事故の後に出される事故証明書とは?

交通事故に関する書類の中でも重要度が高いものは、事故証明書というものです。

これは、いつどこで、どのような状況で事故が起こったかということを明らかにする書類です。警察が事故当時の状況を被害者と加害者から聞き取り調査したものをまとめた上で、道路状況や交通法規の適用状況などを考え、どちらに法律違反があったかなどを記します。

この事故証明書がないと、任意保険会社は保険金を支払うための案件として扱ってくれません

また、この証明書を基にして、事故の責任がどちらにどれだけあったかを決めることになり、過失割合を決める重要な要素となります。

事故後に必ず必要となるものですし、事故の当事者が直接警察に行ってこの書類を受け取ることもありますので、しっかりとこの書類の重要性を認識しておきましょう。

まとめ

  • 警察が行うのは、交通事故の原因や違反の有無などを調べること
  • 被害者・加害者の過失割合については警察はノータッチ
  • 過失割合を決定するのは保険会社で、不服であれば再度の交渉を申請可能
  • 警察が発行する事故証明書は過失割合を決定する重要な書類である

事故直後はショックで混乱しがちですが、警察と保険会社の違いをや事故証明書の重要性は、しっかりと認識しておきましょう。この部分をしっかりと行うことが、過失割合の決定から慰謝料の金額にまで関わってきます。

【交通事故の慰謝料を最大に受け取る示談交渉と治療の受け方】

関連記事交通事故の慰謝料は示談交渉と治療の受け方次第で大きく変わる

交通事故の慰謝料は示談交渉と治療の受け方次第で大きく変わる
交通事故の被害者になってしまうと、色々な面で大きな負担がかかりますよね。 仕事に行けなかったり、辛い後...

【示談交渉を弁護士に依頼しないと、確実に損をしてしまう理由とは?】

関連記事交通事故の示談交渉を弁護士に依頼するメリット・費用・選び方

交通事故の示談交渉を弁護士に依頼するメリット・費用・選び方
交通事故の示談交渉や示談交渉が決裂した場合の訴訟を、誰にも頼らずに被害者個人で行うことは可能です。 しかし、示談交渉の相手は加...

CHEK! 交通事故治療に強い全国の整骨院・接骨院

北海道・東北 北海道 岩手 山形 宮城 福島

関東 茨城 栃木 群馬 埼玉 東京 神奈川 千葉

北陸・甲信越 山梨 長野 新潟 石川

東海 愛知 岐阜 三重 静岡

近畿 大阪 京都 兵庫 奈良 和歌山

中国・四国 岡山 広島 山口 香川 徳島 愛媛

九州・沖縄 福岡 佐賀 大分 宮崎 鹿児島

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加